残念な事に現在では大変珍しい例を例外として割引券販売店に行ってもカードを使う事ができる場所は100%に近い確率でありません。上記の原因でVISA、Diners clubなどの券を利用した直接商品を買うのでないカードの事例はろくには実際に使う事はほぼ不可能だと思われます。じゃあどういう手段を使えば間接カードが可能なのでしょうか?と言われればその手段とは今、皆知っている電子マネーという総称のPASMO、iD、QUICPay、とかSuica(スイカ)、VISA Touch、nanacoなど。そういうものを利用して間接的クレジットカードの使用をやるという事が出来るのです。Edy、iD、であったりVISA Touch、nanacoなどはクレジットで購入する事ができる券◆PASMO、Webmoney、Smart Plus、またはSuica、nanacoなどに聞き慣れない人から見てみると、なんとはなしに難しいインプレッションを思い描くかもしれないですがこういった電子マネーは言葉にするなら変わったことのない金券です。MasterCard、NICOSなどの金券と全然相違点はないものです。重ねてこういう電子マネーという物はクレジットカードを駆使して簡単に取引する事が可能な所が利点であるのです。同時にこれらの電子マネーという物は昨今、コンビニをはじめとして駅ナカやいろいろな飲食店なんかといった所でも実用出来得るようになってきているようだ。「当ショップの支払いにはクレジットカードはご利用になる事はできません」といった感じで表記していたようなお店においてもEdy(エディ)、iD、QUICPay、だったりICOCA、VISA Touch、nanacoなどなら駆使できる時がいっぱいあるのです(ローンポイントが堅実に貯まる)。よってクレジットが扱われていないショップで直接でないようにクレジットカードを駆使することで、クレジットカードポイントをもらえる分を得してほしいというやり方です。普段通り買い出しを満喫するのみでは得られないカードポイントであるため、何としても利用する事をやってみていただきたい。