そもそも、個人が破産を要請するまでは借金のある当人へ対する電話を使用しての返済請求と債務者当事者の住所への訪問での集金は違法行為とはならないと考えられます。それから、自己破産に関する正式手続きに入ってから提出までに長い時間がかかった場合では債権人は強行な返済要求をしてくる危険性がアップします。債権保持者サイドにとっては債務の返金もされずに、自己破産といった正式なプロセスもされないという状況であると企業内部での対応をなすことが不可能だからです。そして、債権保持人の過激なタイプは法律家に依頼していないとわかると、かなり強硬な取り立て行為をやってくる会社も存在しています。司法書士か弁護士法人にアドバイスを求めたときには、各債権保持人は当人に直接集金をやることができなくなるのです。頼みを理解した司法書士法人や弁護士の人は受任したと記した文書を各債権者に送付し各債権者がその書類を受領したのなら返済者は取り立て屋による無理矢理な返済要求から自由になることになります。なお、取り立て企業が故郷へ訪れる返済請求は貸金業法のガイドルールで禁止となっています。事業として登録が確認できる会社であれば職場や父母宅へ訪問する返済要求は法律に抵触するのを分かっているので、その旨を伝えてしまえば、返済要求を続行することはないと思います。破産に関しての申請後は当人にあてた返済請求を入れ集金行為は禁止されています。だから、支払い要求行動はきれいさっぱりなしになるということです。けれど、中にはそういったことを知っているのに接触してくる債権者も存在しないとは断定できません。貸金業の登録が確認できる業者であれば破産に関しての申し立ての後の返済要求が貸金業法規制法のガイドルールに違反するのを把握しているので、伝えれば、徴集を続けることはないと考えられます。けれど、闇金融と呼ばれる未登録の企業については常識外で法律無視の収金による被害が増加し続けているのが現実です。裏金が取り立て業者の中にいる可能性があるときはどんなときであれ弁護士事務所および司法書士などの法律家に依頼するようにするのがいいと考えます。